銀行強盗 女子行員レイプ事件簿

2007年6月21日、白昼堂々犯行は行われた。男性5名、女性9名を人質に立て篭もった犯人達が行った鬼畜強姦映像
レイプDVDバイオレンスジャック
 

エルドラド  | FAQ  | キャンペーン | 買物カゴを見る | ご注文方法

 

 

銀行強盗 女子行員レイプ事件簿1

出演女優
-
メディア 商品品番  
DVD版 RP709_AMCF-94

 
販売価格\5480


 

 
〜籠城中に犯人達が行った鬼畜強姦映像〜・驚愕の地獄絵図・銀行用防犯カメラに映った鮮明な一部始終・「騒いだ奴から犯すぞ」・エリート男性行員も脅され強姦の手先に…「オイ、偉そうにしてるオマエ、犯せよ…」・脅迫という鎖でハーレムを作る…・「金よりも丁寧に扱うんだぞ」・恐怖におののき失禁する女子行員続出・同僚とのSEXを強要させられ唖然とする女性行員達・乱交とは無縁な人種が乱れさせられる・恐怖と屈辱の仲で射精させられるエリート銀行マン・「防犯カメラにもっと変態な姿曝け出せよ」・立てこもり犯人の女性行員鬼畜レイプ・「お前はこんな下着で金数えてんのか?」・「同僚の胸はどうなんだ?」・これは恐喝犯罪史上最悪な事件である。2007年6月21日、白昼堂々と銀行に押し入った犯人グループ4名は、客と行員の計14名を人質に取り4時間の間、銀行内に立てこもった。捕まった時は破滅と認識した犯人は理性の箍が外れ、まさに狂気に満ちた傍若無人な4時間であった。むろん要求は金銭のみに留まらなかった。人質は男性5名、女性9名。それぞれに分けられ壁際一列に並べられている。その中でも一際美しい女性行員に主犯格の男が性欲を満たそうと近づいた。「やめてください」その時、1人の男性行員が口走った。「私達は貴方々が無事にいられるように協力をしますからこれ以上は…」この男はおそらく女性行員達の上司にあたる男性行員である。責任感から必死の説得にかかったようだ。しかし主犯格の男はニヤリと笑い信じられない事を口走った。「なんだ?お前も姦りたいのか?じゃあこの女と今、姦らせてやるよ」男の予想外の言葉に一同が凍りついた。「これだけイイ女だから、お前も常々姦りてぇと思ってただろ?さっさと服を脱げよ」誰も逆らう事が出来ない主犯格の命令だが行員男性もさすがにたじろいだ。「そ、それは勘弁してください。本当に何でもしますから」しかし、それも虚しく男が刃物を近づけると、渋々と男は服を脱ぎだした。「何だよ。こんなにイイ女と姦れるのにフニャチンじゃねーか。情けねーなー。おい、しゃぶってやれ」そう言うとこんどは女性行員の方を促し、男性行為の性器を愛撫するように命令した。「あっ、さゆりさん。」普段から職場で顔を合わせるエリート銀行員の二人が、職場で強制される淫行。それも同じ行員や見ず知らずの人のいる目の前で。想像し難いものであるが、女性行員は上司と思われる男性行員の性器を口に含んだ。「おい、どんな感触か教えてくれよ?」「は、はい生温かくて気持ち良いです。」「はっはっはー、そうか、良かったなー。おっ、チ●コも勃ってきたじゃねーか」男性行員も必死に心では抵抗しているようだが生理現象にはどうする事も出来ずに、自らの性器を勃起させてしまった。「おい、こんどはお前も舐めてやれよ。このキレイな姉ちゃんのオマ●コ。顔だけじゃなくてオマ●コもキレイじゃねーか。お前も舐めてぇだろ?」 「よし、そろそろ挿れさせてやるぞ。お前も挿れたいだろ?」

 

銀行強盗 女子行員レイプ事件簿2

出演女優
-
メディア 商品品番  
DVD版 RP709_AMCF-95

 
販売価格\5480


 

 
〜籠城中に犯人達が行った鬼畜強姦映像〜・婦女暴行+現金強奪・白昼の銀行で起こった信じられない鬼畜淫行・究極の恥辱を敢行させる・支店長にまで強姦強要・「よく見てみろ!いつも偉そうにしているお前らの上司は包茎だったぞ!」・「みんな落ち着くんだ…とりあえず犯人のいう事を聞こう」・「お前が責任者か?そこの女をすぐに犯せ」・虫唾が走る犯行・日常のオフィスワークが突如として乱姦開始・態度のデカい銀行マンは包茎を晒され公開SEXの生贄にされた・人質銀行員男性に課す同職員女性強制レイプ・たまたま居合わせた客が最初の強姦被害者だった…・「どうせ男に横領してんだろ?まあ脱げや」・「いいか?自分で捲るんだぞ」・これは恐喝犯罪史上最悪な事件である。2007年6月21日、白昼堂々と銀行に押し入った犯人グループ4名は、客と行員の計14名を人質に取り4時間の間、銀行内に立てこもった。捕まった時は破滅と認識してか、犯人の理性の箍は外れ、まさに狂気に満ちた傍若無人な4時間であった。むろん要求は金銭のみに留まらない。人質は男性5名、女性9名。それぞれに分けられ壁際一列に並べられている。犯行開始から約30分程が過ぎ犯人達も緊張が緩みだした頃合である。「おい、そこの右端のお前。ちょっとこっちにきてサービスしてくれよ」主犯格の男が一人の女性を指差した。呼ばれたのは20代前半の行員女性で、目鼻立ちの取れた美しい容姿、制服をパリッと着こなしおそらくは誰もが高嶺の花と敬うような女性である。「キレイな顔しやがって、さぞかし男を誑かせてきたんだろうが。その知性のある口で俺のチ●コをしゃぶってくれよ」そういうと男はズボンのジッパーをずらし、公然の前に自らの肉棒を曝け出した。『そんな、静かにしてますから許してください』「ああ?いいか、俺達は捕まったら全て終わりなんだよ。冗談や脅しじゃないからな。そのキレイな顔をザックリされたくなかったら、さっさと咥えろよ」当面した人ならわかる男の覚悟を決めた凄みの前では逆らえる術は何も無く、この女性は同職員の目がある中で男の肉棒を口に含んだ。「おうおう、俺の汚いチ●コをキレイな銀行員が咥えてるぜ。他のヤツ等も見とけよ」彼女にとって間違いなく生涯で最も不本意な時間であろう。涙を浮かべながら汚物を口に含み舌を動かした。「いい娘ぶったしゃぶり方じゃ気持ちよくねーだろ。音をたてろよ」男が刃物を顔に近づけて要求すると、女は一心不乱に唾液を搾り出し考えうる限りの方法で液体の奏でる効果音を捻出した。(チュッパ、ジュルジュルジュル〜、チュッパ、ジュルルジュルル)静まり返った銀行内に淫靡な音色が響き、犯人も人質も全員がその音を聞き入っている状況だ。当の奏でている女性は恥ずかしさからかより一層の涙を浮かべた。「おっ、おいっ、お前、俺にもサービスしてくれ」

 

  レイプ           実録レイプ事件簿

3本以上で送料無料!5本以上でビックリ%割引キャンペーン中!